Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PRINCE殿下

@purince.jpg
続き。。PRINCEのDVD”ライブ イン ラスヴェガス”
2002年のPRINCEのライブDVD。。
もっともファンク色つよいライブって感じ。。
中でもPRINCEがジャズにチャレンジしてますね~。
ロックぽいのだとツェッペリンの”胸いっぱいの愛を”をカバー。。
2002年の”レインボウ チルドレン ツアー”で殿下にはじめてご対面~★
PRINCEのライブみれて幸福の極み。。
PRINCEの音楽って奇跡的な音楽ですよ。。
ミュージシャンの中のミュージシャン。。
ライブは素晴らしいの一言に尽きる。。
でPRINCEのギタープレイに注目してみた・・・。
メインギターは紫色の♂な形のギターとテレキャスター。。
♂のギターはおもいっきりディストーションかけて弾いてますね。。
ギターソロはメタルのような弾きぷり。。
ブルースぽい曲もハードに弾いてます。。
テレキャスター方はリズム用に弾いてますね。。
テレキャスターのクリーントーンで16ビートを刻む感じがいいね~。
PRINCEのギターはハードに弾く面とクリーントーンで16ビートを刻む面をもっているみたい。。
曲によってギタープレイを使いわけることができるようだ。。
ギタリストにも自分の得意なギタースタイルを極めるタイプもいればいろんなギタースタイルにチャレンジするタイプがいる。。
PRINCEくらいの天才ならどんなギターも弾けそうな感じ★
スポンサーサイト

ストップ メイキング センス

@tokingheds.jpg
レンタル店で音楽DVD借りようかなぁ~と思い2本借りました。。
トーキングへッズの”ストップ メイキング センス”と
PRINCEの”ライブ イン ラスヴェガス”
2本ともファンキーなライブ映像でした~♪
トーキングへッズの方から見たのでこちらから感想。。
”ストップ メイキング センス”は10年以上前にビデオで見たことあるので(ダビングしてあるけどカビてて見れないと思う~)内容はしってるの。。
再見して見て監督が”羊たちの沈黙”のジョナサン デミだったことはじめてしりました。。
映像特典にDVD見ながらデヴィッド バーンやトーキングへッズのメンバー、監督のジョナサン デミの解説付きのバージョンはなかなか面白い。。
ライブの内容もはじめの2曲の方は(”サイコ キラー”と”ヘブン”)デヴィッド バーンの弾き語りで感動的。。
2曲目以降はトーキングへッズ風ファンクミュージックで最後まで聞かせます。。
サポートメンバーもPファンク系のミュージシャンだったとは。。
見所ははじめの弾き語りの曲とデヴィッド バーンのビッグスーツとベースのティナが歌うトムトムクラブの歌かなぁ。。
DVDの解説バージョンの方で裏舞台いろいろわかるの。。
ステージセットも80年代現代アートぽいですよ。。
でも映像を人物中心に撮っているのでよくわからない。。(機材とかお客さんの映像も排除して人物を焦点をあて照明も色なしライトで撮影しているそうだ。。)
3日間のライブを撮影して良いのを使ったそうだ。。(なかには映像と音の合わない所もあるそうだ。。)
演奏していてノイズの入ったところはオーバーダビングしてやり直したりしているみたい。。
ライブDVDとかライブCDってオーバーダビングしているのしってるけど。。それってどうなのかなぁ~。
よい演奏でリスナーに聞いてもらうにはしょうがないことなのかなぁ~。
解説バージョンでそんなことわかったよ~。
PRINCEの方は次回にね。。




お笑いライブ~

地元の商店街のイベントでお笑いライブなるものがありました。。
地元出身のよしもとの漫才コンビ”犬の心”と”トータルテンボス”が出演したのだけど・・・。
自分、お笑いは詳しくないので有名なのかわからないのです。。
”トータルテンボス”はテレビなどに出ていて有名みたいだけど・・・。
お笑いのライブは学園祭などでみたことあるのではじめてじゃないの~。。
10代の女の子のファンが多いいですね~お笑いのライブって・・・。
最初に”犬の心”と漫才コンビがでてきて漫才をするんだけど・・・ぜんぜんうけない~。。
何やってもすべるすべる~~。。
翔けだしの漫才コンビなので勉強中みたいですね~~。。
次は”トータルテンボス”の番。
つかみはやぱり地元の話題ですね~。。
地元話で盛り上がっているうちに~どちらがボケかツッコミかわかってきた。。
アフロヘアの方がボケかなぁ~と思ったんだけどツッコミでした。。
地元話がひと段落つくと自分たちのネタを披露してくれました。。
このへんにくるとお客さんたちも笑いのつぼにはまってきますね~。
お客さんがのってくるとボケとツッコミのスピードもあがってきますね~。
ちょうどロックのライブにも通ずるものがありますね~。
お客さんがのってくれば演ってる方ものってくる。。
お客さんがヒートアップしたところで持ち時間の終わりなのかいきなりライブ終了。。
お笑いのライブって終わるときはやい。。
ロックのライブみたいにアンコールはないですね~。
お笑いは詳しくないのでわからないけど笑いの人って自分なりの話のリズムってもっているのかなぁ~。


HARRY~

@harry.jpg
HARRYのニューアルバム”GATE WAY”が発売されたので聴いてみました♪
ニューアルバムといってもスライダーズ時代の曲をアコギで弾き語るみたいなコンセプト。。
1曲目から名曲”のら犬さえなれないさ”ではじまってます♪
アコギ1本で弾き語るわけですから歌の上手さと表現力が試されますねぇ~。
HARRYもいつもの荒い歌い方より丁寧に歌ってますね。。
HARRYが目の前で歌ってくれているようなアルバム~。
HARRYクラスのロッカーになると言葉の一つ一つに説得力ありますね。。
アルバムの中では”のら犬さえなれないさ”がいいねぇ~。
欲をいうと”ありったけのコイン”演ってほしかったなぁ。。
アーティストがアンプラグドみたいの演るのってどうなんだろう~。
みんな演りますよねぇ~。
曲に対して違う発見があるのかなぁ~。



ライブ三昧~♪

日曜日はライブ三昧の1日でした~♪
昼は三島の某会場でボサノバカサノバのライブイベントがあり会場に駆けつける~。
司会で久保ひとみさんも出演するので楽しみ★
会場の最前列に陣取り開演を待つ。。
司会の久保ひとみさんの紹介でボサノバカサノバの二人が登場し演奏スタート♪
メローな曲を中心に1時間くらい演奏♪
歌もめちゃ上手いしギターものすごジャージー♪
クラプトンのカバー”ティアーズ イン ヘブン”にはぐぅ~とくるものがありました~(^^)
アンコールでは久保ひとみさんとボサノバカサノバとのデュエットもあり楽しかったなぁ。。
演奏終了後サイン写真撮影会もあり久保ちゃんのサインもGETできラッキーー(^^)
第2部ではビンゴゲームなどあり楽しいひとときをすごせました。。
夜は富士のライブハウスアニマルハウスでLOVE★ROCKのライブ♪
開場時間には無事着き開演を待つ。。
1番最初に登場したのはイザワシュウなる人物。。
いきなりバクチクのカバー♪懐かしい~。
打ち込みも自分でやっているらしくかなりの宅録マニアとみた。。
2番目に登場したのはCHIBI-STARSなるバンド。
メンバー3人身長が低いらしくCHIBI-STARSという名前らしい~。。
ハイスタンダードなんか好きらしい感じがするねぇ~。
3番目に登場したのは國産零式なるバンド。
國産零式というバンド名どうり日本のロックバンドって感じ。。
衣装もハッピ、着物で日本的。。
曲も昔の歌謡調のような~サキソフォンもはいっているので独特な雰囲気~。
好きになりそうですねぇ~。またライブ見てみたいいい。。
最後はLOVE★ROCK
今日のラブロは音もまとまってて前にでているように思えた~。
メンバーのみなさんもリラックスしてできたのでは。。
アニマルハウスで聞くラブロのライブは最高ですねぇ~。
終演後Shimoさんkeiさんにサインしてもらいめちゃうれしい~(^^)
RyoさんAkkyさんGoさんのサインはこの次にしてもらうぞ~~。(サイン集め好きなの。。)


たまにはゴスでも。。

@bauhaus001.jpg
ヤフオクで購入したバウハウスのDVDが届いていたので観賞してみました~♪
1998年の再結成のライブ”GOTHAM”というDVD。(オフシャル)
バウハウスのライブ映像は見たことないのでワクワク。。
のっけから暗く沈む音楽~。。
ボーカルのピーター マーフィはデヴィッド ボウイみたいなボーカルスタイル。
低音の声の通る感じ。
ギターのダニエル アッシュはサングラスかけてギターを弾いてる。(見た目はU2のボノ風)
パンク ニューウェーブ系のギタリストですね。
ゴスのバンドなので照明も暗いい。。
暗い曲調ばかりでなく明るいノリのいい曲も披露。。
バウハウスというだけあってアートを意識した曲もありますね。
アンコールのT REXのナンバー”テレグラム サム”はめちゃくちゃカッコいい~♪
T REXのバージョンより編曲をかえていてゴスのロックナンバーって感じ。。
デヴィッド ボウイの”ジギー スターダスト”もカバーしてくれたね~。
こちらは編曲はまったく同じですね。。
感想として~ゴスバンドの元祖だけあって演奏がクールでアートぽい。。
暗く沈む曲ははまるとぬけだせなくなりそうですね。。
同じゴスバンドのキュアーはポップな側面もあるのでよく聴いてま~す♪

愛器~

@firebard1001.jpg
愛器、紹介します。。
ここ2、3年くらい前からの愛用ギターのギブソン ファイヤーバードです。。
東京のお茶の水の中古楽器屋で購入。。
ティアドロップス時代の山口冨士夫も使用していましてあこがれて買っちゃいました~。
このギターかなり弾きずらいんです。。
座って試奏したときは気にならなかったが・・・ストラップ付けて立って弾くと・・・
ギターの中心がずれてる~。しかもバランスが悪いせいかへッドが下に落ちてくる~。
変形ギターだからしょうがないかなぁぁ。。
ピックアップもミニハムバッカーなのでレスポールよりソリッド~ストラトよりも太くたくましい音だしますよ~。。
中古品なのでフレットのけずれが少しあるのでチョーキングがやりずらいのが難点。。
しかも最近スイッチングが調子悪いときがある。。
ネックは細いのでその点は弾きやすんじゃないかなぁ~。
ファイアーバードといえばジョニーウィンターでしょうねぇ~。
ジョニーウィンターのように弾ける日を夢みながら練習してますよ~(笑)
ちなみにアンプはローランドのブルース キューブというやつ。。安物ですよ~。。
ブルースという名にひかれて購入。
トランジスタで歪ませるとマーシャルみたいな音だしますよ~♪

公開ライブなるもの~

NHK~FMの公開録音ライブなるものにいってきたよ♪
前にハガキでだして当選したやつ。。
出演バンドはザ コレクターズと怒髪天。。
NHKについてスタジオに誘導され~最前列のすぐ後ろに陣取る。。
スタジオとはいえライブハウスみたいにステージができてて音響も良さそう~。
さすがに照明までは凝っていませんでした~。
まず最初にコレクターズ登場~。
コレクターズなるバンドははじめて見るので予備知識はモッズバンドということだけ。。
サウンドはやはりキンクス、ザ フーが好きなだけあってそれより。。
ギターの古市コータローがギブソン ES-335をクリーントーンぎみ歪ませたギターカッティングが印象的。
ちなみにアンプはVOXのAC-30で60年代のロックサウンドが好きそう~。
デビューして20年くらいやってるそうでモッズにすべてをそそいでいる感じ。。
コレクターズという名のとおりかなりマニアの音楽好きぽい。。
日本の代表的なモッズバンドは一見の価値ありですね♪
”恋はヒートウェイヴ”のカバーはこころ踊りましたよ~♪
次いて怒髪天の登場~。これ目当て★
怒髪天は1回見たことあるので今回はどうかなあ~。
ん~。今日はなんかサウンドがすごいハード。ハードロックバンドみたい。。
ボーカルの増子直純いわく今日はいつもの怒髪天でなく2よりのあまりライブでやらない選曲のようだ。。
とはいえ後半は3よりのいつもの怒髪天でした~。
ボーカルの増子さんはお笑いでもいけそうな話し上手。。芸人ですね~。
はじめて見たときよりも音圧が格段にちがう~。
音が前にくる感じに圧倒されてしまいました~。
最後の”酒燃料爆進曲”はめちゃくちゃノレました~♪
公開録音放送を見にいっての感想★
プロのミュージシャンでも間違えるんだ~。。
間違えてもう1度やり直し(3,4回ほど)~~公開録音ライブだからかなあ~。

Thank you for Rock'n Roll

今日、スカパーで”キング オブ ロックンロールの生涯”というエルヴィス プレスリーの生い立ちみたいな番組を観た。
番組で鮎川 誠と娘の陽子ちゃんが一緒にエルヴィスの生まれたミシシッピ州を旅するような内容だ。。
エルヴィスの生ませた家やはじめてスタジオで録音した場所など街の人と交流しながら旅すんだけど鮎川 誠と娘の陽子ちゃんが仲良くと微笑ましい~。
一緒に腕なんか組んで恋人みたい。。
鮎川さんと婦人のシーナはロック界でも有名な仲良し夫婦。。いつも一緒だもんね~。
娘さんの純子ちゃんと智慧子ちゃんはDARK SIDEMIRRORなるガレージバンドやってて親子共々ロックンロール。。
日本一のロックンロール一家ですね~。
番組の最後の陽子ちゃんがエルヴィスと通じていろいろな人と出会えて”Thak you for Rockn'Roll”といったのが印象的~。。
エルヴィスがいなかったらロックどうなっていたのかなあ~w。

浮遊感~。

ポリスのライブ音源聴いてみた~。
FMで流れていてMDに録っておいたのお。。
1979年のライブ音源だからデビューして1年くらいのライブだなあ。。
聴いてみて感想~。
ギターのアンディ サマーズのディレイの使い方上手いなあ~と思った。。
ディレイを使ってポリス独特のレゲエ ダブの浮遊感を作りだしていて最高だなあ~。
1979年当時はデジタルディレイはなくアナログディレイを使ってたそうだ。。
アナログディレイの方が暖かみを感じのはなぜなんだろう~。
テープエコーはどうなんだろう~。。
よくわからないけど。。
ちなみにドラムのスチュワート コープランドはアンディ サマーズのギターのディレイ タイムに合わせてドラムを叩いてたそうだ。。~ムーンライダース 鈴木慶一 談
ディレイを使うギタリストというとU2のエッジが思い浮かぶけどアンディ サマーズのディレイの使い方って独特だなあ。。

レアもの~?!

@nakaido001.jpg
今日、またまたヤフオクで落札したレア~なもの届きました~★
仲井戸麗市ポスター
~CHABOのポスターはあまりないのでかなりレアだと思う~。なかなかギター振りかざして勇ましいポーズ。さっそく貼ってみるかなあ~(^^)
内田裕也プロデュース ニューイヤーロックフェス30周年 パンフレット
~内田裕也に30周年おめでとうみたいな寄せ書きがたくさん載ってある。。過去の出演バンドも年代順に記載してある。。記念にとってこ~(^^)
ヤフオクって普通の店で手に入らないレアなものが手に入るからとっても大好き~(^^)

Appendix

プロフィール

みみロック

Author:みみロック
キース リチャーズ ジョニー サンダース 山口 冨士夫 LOVE★ROCK 大好き。

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。